2017年04月18日

香港最終日

香港出張』、

香港研修』、

香港の週末』の続き。

昼食後、歩いてマークス&スペンサーまで戻り、アドミラルティ(金鐘)まで行き、パシフィック・プレイスのモールへ。このモールもかなり大きくていろいろなお店が入っているが、先日書いたように、食べに行ったのとは別の夜上海でXO醤とチョコを買う。

その後、モールからタクシーで移動しようとしたところで、妻がクレジット・カードなんかも入れていた携帯電話をケースごとなくしたことに気付き、慌てて中に戻る。子供のおむつを交換したトイレや、座って休んでいたベンチ周辺を探すも見つからない。そろそろ焦ってきたとき、ふと思い立って僕が妻の携帯に電話してみると、いきなり誰かが出て、他でもない「パシフィック・プレイスで持って待っている」みたいなことを言う。どうも誰かが拾って届けてくれたらしい。コンシェルジュに行く途中で、モールの係員に会ったら、「もしかしてiPhoneの人?」みたいな感じで話しかけられる。なくした携帯が戻ってくるなんて、香港は素晴らしい。会社の名刺しか英語での身分証明書が手元になかったが、とりあえずそれで返してくれた。

携帯紛失事件も無事解決し、改めてタクシーでビクトリア・ピークに向かう。20年近く前に初めて香港に来たときは、確か天気が悪くて何にも見えなかったんだよな…等と思い出しながら、展望台に行こうとしたら、隣のショッピング・ビルの無料展望台に上ってしまい、まあ眺めはそれなりにいいし、そこで妥協することに。逆に展望台自体の建物が見られた。

HKG2_W9.jpg HKG2_W10.jpg

展望台からの帰りのタクシーは、道が大変混んでいる。工事で片側通行の場所があり、行きは人がマニュアルで(?)信号を切り替えていたが、帰りは誰もおらず自動信号。ところが、路線バスが信号手前の変な場所に停まっていて、僕らのタクシー運転手がその前にさっと車を入れる。すると、僕たちの後ろから来ていた車が自分も入ろうとしたのだが、隙間が足りず、反対車線にはみ出てしまう。そのため、信号変わって下からやって来る車(特に大型バス)がスムースに通り抜けられず、大渋滞。信号が変わっても、上ってくる車で道がふさがり、僕らは全く動けず、そのやらかした車は大顰蹙。

5分くらいしたらやっと人が降りてきて、何度もハンドルを切り替えながら、なんとか無理やり車体を狭いスペースにねじ込んでいた。タイミングはここしかないと判断したのか、信号が変わると同時に僕たちのタクシーの運転手は、クラクションをけたたましく鳴らしながら片側通行を猛スピードで急行の荒業に出る。ヒヤッとしたが、何とか無事に通過。たしかにこうでもしなければ、あの渋滞から抜け出すのにどれくらいかかったことやら。

ビクトリア・ピークを無事下り、朝から買い物等で荷物も多かったので、一度ホテルに戻って部屋に置いてくることにした。そして部屋についた時に、なんとカメラなくしたことに気が付く。携帯の次はカメラ…。

ホテルのコンシェルジュに相談すると、警察署に行くようアドバイスされる。「タクシーのカーナンバーは?」と聞かれるが、こちらは日本と違って余りレシートももらえないし、そんなの分からない…と思っていた矢先、突然頭に「EU110」という文字が閃く。信号で渋滞してるときに、タクシーの中に書いてあったナンバーが何気なく目に入り、特徴ある番号なので覚えるともなく覚えていたのだ!

確かEU110のはずだ、とコンシェルジュに伝えると、僕の断言に”Are you sure?”と聞かれるが、この時点では確信に変わっていた。コンシェルジュがいろいろ問い合わせて、しばらくすると無事に運転手が見つかり、カメラも車内に忘れ物であった、という連絡が入る。その時は他のお客さんを乗せているので、その後にホテルに来てもらうことになって、カメラを無事取り戻す。

喜び勇んでそのまま同じタクシーに乗り込んで、ペニンシュラ・ホテルに行ってもらう。運転手は気さくないいおじさん。信号待ちの時に櫛で前髪をとかしていたり、フロントにミニカーを飾っていて、子供が欲しがったりしていた(こちらのタクシーの運転手は、車内に小物を置いてる人が多い)。

HKG2_W11.jpg HKG2_W12.jpg

香港初日にもペニンシュラでアフタヌーン・ティーでも…と狙っていたが、大雨でかなわず、この日もカメラ紛失事件のせいで到着が6時頃になってしまい、結局諦めてホテル内のショップを見るだけにした。その後、インター・コンチネンタル・ホテルまで歩いて、ラウンジで軽食のつもりだったが、下の階に見えたビュッフェがなんとなく良さげで移動してみる。料理はかなり美味しくて大満足だったのだが、お値段を見ないで入ってしまったので、食後に価格もかなりのものだったことに気付かされる…。

そして、夜8時からのシンフォニー・オブ・ライツを見に、そこからさらに歩いてチムサーチョイの波止場に行く。6月に来たときは、会社の元同期とどこかのバーみたいなところから眺めていたのだが、今回は直接見に行った方が見ごたえがあると言うことで、こちらへ。既に人も大勢集まって混んでいたが、ギネス・ブックにも載っているというこの15分間のショーはなかなか。

HKG2_W13.jpg HKG2_W14.jpg

帰り道は人でごった返すが、細い道に看板が出っ張っている、いかにも香港ぽい写真を撮りたいということで、ネイザンロード北上していく。結構歩くが、狙っていたような構図は今一つ見つからず。
HKG2_W15.jpg

子供も道中寝てしまったし、女人街とかへ行く元気もなくなったので、中華デパートに行き、刺繍みたいなお土産を買う。このデパートは本当にローカルで、店内に英語が一才見当たらない。多分、本当に現地の人たちのためのデパートなのだろう。

そのままタクシーで帰ろうとしたが、なかなか捕まらないで困っていたら、またまた親切な地元の人が捕まえてくれた。携帯といい、カメラと言い、香港人はいい人が多い。

そして最終日の23日。この日はいよいよ帰国だが、前日疲れてしまってそのまま寝てしまったので、荷造りしてなくて朝はゆっくりと過ごす。そのままホテル地下のモールにあるエアポート・エクスプレスの九龍駅で、フライトのチェックインを先に済ませて、荷物を預けてしまう(ちなみに出発1時間半前まで預けられる)。

その後、ペニンシュラ・ホテルを再訪し、アフタヌーン・ティーも適わなかったから、せめてお土産にスコーンを買おうとするが、販売するのはお昼から。仕方がないので、昼食に(以前、日本にも店舗があった)福臨門に行き、飲茶を楽しむ。ペニンシュラからタクシーに乗り込む際、ベルボーイが、タクシーの番号の書いてある紙片を渡してきて、そのサービスに感動(特にカメラ紛失事件の後だけに…)。

先ほど、ペニンシュラでちょっと良さげなカシミアのお店を見つけていたのだが、妻の友人から、「香港行ったならあのお店のカシミアはマスト・バイ」等と言う情報が入ったらしく、急遽タクシーでペニンシュラに舞い戻ることを決意。今度はお昼過ぎなので、スコーンも無事にゲット。

九龍駅までタクシーで帰ろうとするが、そろそろ初日に両替した手持ち現金が足りるか不安になってくる頃で、運転手に50香港ドルで九龍駅まで行けるか聞くと、無問題とのことで、乗せてもらう。スコーン買う時に現金を使ってしまって、残りが本当に少なかったのだ。

帰りの飛行機内でスコーンを食し、ペニンシュラのティー・バッグにお茶を入れてもらって、お手製アフタヌーン・ティーと洒落込む。帰りの座席は家族で3席並びで、子供の世話もできる。

海外出張に家族と一緒に行ったのは初めてだったが、香港くらいの大きさであれば、別行動していても安心だし、いざとなれば英語も通じるので、最初に行くにはいい選択肢だったかもしれない。研修が日程変更されてたらキャンセルだったので直前には冷や冷やもさせられたが、なかなか出来ないいい経験だった。

【関連する記事】
posted by としゆき at 20:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック