2015年10月08日

ケンウッド・ハウス

バッキンガム宮殿』の続き。

そしてそのまま地下鉄を乗り継いでロンドン北部ハムステッド・ヒースに位置するケンウッド・ハウスに向かう。映画「ノッティングヒルの恋人」にも登場する美しい白色の館だ。

London2015_KenwoodHouse1.JPG

ケンウッドハウスはいろいろ行き方があるが、良くお勧めされているのが地下鉄ノーザン線Archway駅からバスで15分の行き方。Archway駅はゾーン2とゾーン3の境界なので、ロンドン中心部からゾーン1・2限定のトラベルカードでもそのまま行けるのがポイント。もっとも、地下鉄の駅でカードを買う事気に気づいたのだが、週末はオフピークだからか、ゾーン6まで乗れて実は同じ値段(12ポンド)だったので、あんまり気にしなくても良かったのだが。自動券売機で買う時に、ゾーン1・2のボタンがホワイトアウトしていて最初驚いたのだが、同じ値段なんだからゾーン6までのを買いなさいという親切心だったらしい…もっともその説明がない(価格表示が最後にしかない)ので、戸惑ってしまうのだが。

また地下鉄駅内のATMでお金を下ろしたのだが、市内のATMではほとんど手数料無料をうたっていた。なぜか自宅にいくらかポンド札が残っていたので、今回の出張では(羽田を含めて)一度も両替せずにすんでしまった。余談だが、お金を下ろすとすぐにホームレスが近寄ってきて、「お前はお金を下ろしたが、俺にはお金がない」等と無心して来る。日本と比べるとATMの目隠しなどがなくむき出しだし、現金も丸見えなので治安上はやや問題があるような…。

ケンウッドハウスは入場無料。入ってどんどん進んでいくと、そこにお目当てのフェルメール「ギターを弾く女」が。

London2015_KenwoodHouse2.JPG

ちなみにこのケンウッドハウスのコレクションはアイヴィー伯爵のものだった。アイヴィー伯爵というのは、本名エドワード・セシル・ギネス。ギネスビール設立者の曾孫だという。

館の庭園(こちらも無料で入場可能)では、親子連れやカップル等がピクニックを楽しんでいる。今回は家族は東京でお留守番だが、いつかは一緒に来てのんびり過ごしたりしたいものだ。

London2015_KenwoodHouse3.JPG

こうしてバッキンガム宮殿の「音楽の稽古」、ケンウッドハウスの「ギターを弾く女」を鑑賞し、今回の目標は無事に果たせたわけだが、まあここまで来たらついでだから…と言う訳で、翌日にナショナルギャラリーにある「ヴァージナルの前に立つ女」、「ヴァージナルの前に座る女」も鑑賞。2枚とも既に見たことがあるが(『ロンドンの日曜日』参照)、ナショナルギャラリーは入場無料なので、文字通りこの2枚の絵「だけ」を見るために再訪。滞在時間10分程度。

London2015_NationalGallery1.JPG

London2015_NationalGallery2.JPG

ロンドンにあるフェルメールは以上4枚で、イギリス国内にはあとスコットランド国立美術館(エディンバラ)に「マリアとマルタの家のキリスト」が存在するが、こちらは以前、東京都美術館で鑑賞済み(『フェルメール参照』)。真贋論争のあるものも含めて、全部で37点が現存するとされるフェルメールの作品のうち、これで18点を鑑賞。

今年はこの後、「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展で「水差しを持つ女」が初来日予定。東京では六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで年明けに公開予定なので、今から楽しみ。こちらの作品はニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵だが、やっぱりフェルメール作品をコンプリートするには、大量に抱えるアメリカに乗りこまないとだなぁ。
posted by としゆき at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドン出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427473435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック