2014年12月31日

育児奮闘

13日の夜遅くになって僕は一旦帰宅。日付変わって14日の日曜日、いきなり赤ちゃんが病室に届けられたらしい。土曜未明の誕生だから、誕生2日目、もうどんどん赤ちゃんが泣いたら新生児室に預けていても届けられるし、原則母子同室になる。その後も1時に届けられたり(くしゃみをしていて、かわいかったらしいが)、夜通し妻はほとんど寝られず、途方に暮れていたという。翌朝になって僕が病院に来ると、またまた赤ちゃんが届けられる。午後になって僕の家族が田舎からやってきて、赤ちゃんとご対面。産まれたその日に行きたいなどと言っていた姉上は、一日待たされたせいか、やっと赤ちゃんを抱いてご満悦な様子。甥っ子や姪っ子はかわいいというが、本当にそうなのかもしれない。とはいえ産まれたばかりの赤ちゃんはやはり体が壊れちゃいそうなほど小さく、僕の母親なんかは抱っこするのを、とても怖がっていた。

夜になると結構赤ちゃんが泣く事が増えてきて、抱っこしてあやす場面が増えてくる。産前に妻の友人から勧められた『赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ』を読んでいたので、おくるみで包む、ゆらゆらゆする、耳元でシィーとホワイトノイズの様な音を出す、というのをひたすらやっていた。このころは割とこの方法が効果てきめんで、自分は赤ちゃんをあやす天才なんじゃないかと思ったりもしたが、まあ、効かないときは効かないことを後ほどたっぷりと思い知るのだった(とくにお腹がすいているとき)。

ただ、赤ちゃんを泣きやますのはいくつか方法というかコツもあって、ロッテのお菓子カフカの「ふかふかかふかのうた」と言うのが効くということで試してみると、確かにうちの赤ちゃんは泣きやんだりする。テレビなんかでもおなじみの、あの日本音響研究所監修らしいので、それだけで効きそうな気もするが、愚図り泣きする赤ちゃんにお悩みの方はお試しあれ。ちなみに他にも、聖飢魔IIの「蝋人形の館」や、「♪ピアノ売ってちょうだい〜」と歌うタケモトピアノのCM曲なんかが効くと言う噂があるが、こちらはあんまり実感できなかった。



それはさておき、僕はまた夜に一旦帰宅するのだが、この日の夜は赤ちゃんがなかなか寝てくれず、妻は大変だったようだ。赤ちゃんがあまりに泣きやまない一方、自分も体力の限界なので、ベッドで自分の両側にお布団のクッションを作って、赤ちゃんが落ちないようにして抱っこしたまま寝ていたという。それでも3時から6時の間ずっと泣き続けたり、とにかくもう辛かったらしい。

朝6時になると赤ちゃんの測定が始まり、それを済ませて、隙間の時間を見つけて何とか仮眠や朝食を取るという感じ。僕たちは母乳育児の方針だったのだが、まだこのころはやっぱり量が出ないので、あいた時間に搾乳を頑張ったりしていた。この時期の赤ちゃんは一回20〜30グラムを、一日8〜10回飲むペースらしいが、30分ほど母乳を飲ませた直後に体重を量ってみるとたったの2グラムしか増えていなかったときは、二人で泣きそうになった。まだ赤ちゃんもうまく飲むことができないのだ。かといって搾乳に挑戦してみても、必死に頑張ってやっと10グラム出るか出ないかという感じで、完全母乳を目標としていながら、その大変さを思い知るのだった。

まあ、今から振り返ってみれば、やっぱり最初の数日は母子ともに大変なようで、そのあとは逆に乳腺炎を心配しなくちゃいけないくらい、ちゃんと出るようになったし、赤ちゃんもたっぷり飲めるようになったので、哺乳瓶に比べると母乳の場合は空気を飲み込むことは少ないものの、ちゃんと飲み終わった後にゲップさせないと気持ち悪くてむずがったりという場面も増えてくるのだった。このゲップについては、結構遅くまで気づかず(母乳だからあんまり関係ないと思っていた)、上記の「〜スイッチ」とかでも、赤ちゃんにガスがたまって泣くとかいう記述があったが、最初は一体何のことか分からなかった。ちゃんと飲ませた後に縦抱っこしたり、胃をマッサージしてあげたりして、ちゃんと出せるようになったのはつい最近なのだ。

さて、こうして木曜朝の破水から始まり、金曜の陣痛、土曜未明の誕生、日曜・月曜赤ちゃんのお世話…と、怒涛のように過ぎて行った訳だが、ちゃんとタイミングをはかってくれたのか、僕自身も出産に立ち会うことができたし、偶然3連休で、誕生直後を親子3人、一緒に過ごす事が出来て、なんて親孝行な良い子なのだろうと、さっそく親バカぶりを発揮してる。

今年の頭に妊娠が分かってから、9月の出産を経て、とにもかくにも子供中心で過ぎたこの一年間。既に本日も大晦日で、そんな長いようで短かった一年も終わろうとしているが、
とりあえず年明けくらいからは子供と一緒に、もっといろいろとお出かけもしたいなーと思っている今日この頃。

それでも、まだまだ小さい我が子、先日も初めての予防接種で痛かったのか大泣きしてしまったり、もうすぐ夜泣きが始まるかもしれないと危惧したり、最近は表情も豊かになってきて日々少しずつ違った姿を見せる我が子に目を細めながらも、まだまだ頑張って育てていかなければいけないなぁ、と改めて気を引き締めるのであった。
【関連する記事】
posted by としゆき at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411596166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック