2014年12月29日

陣痛来る

今年ももうあと3日間。考えてみれば随分と早く過ぎ去った気もするが、自分自身にとって一番大きかったのは何と言っても9月の長男の誕生だった。

9月11日の木曜日、いつものごとく出勤して会社で仕事を始めていたところ妻からメールが届く。いわく、8時半頃に軽く破水したとのこと。いわゆる高位破水と呼ばれるもので、今すぐ子供が産まれて来るわけではないものの、いったん破水が始まると感染症の恐れがあることから入院することになる。とはいえ緊急を要するというほどでもなく、しばらくの間、家を離れるからということで、お部屋の掃除を行ってから病院に行ったらしい。後で僕が帰宅した時に、普段以上にお部屋が片付いていて、一瞬「実家に帰らせていただきます」状態かと思ってしまったくらい。

お昼には妻の母親も病院に来てくれたようで、僕も会社を早退し、家でいくつかの荷物を用意して病院に向かう。妻自身も思ったより元気そうで、病室で一緒に夕食を食べたりして過ごす。このまま様子を見て、翌朝7時より陣痛促進剤を入れて出産…と言う流れになり、僕も翌日に備えて一度帰宅する。

ところが日付変わって12日の金曜日、夜中に妻から陣痛が始まったという連絡が入る。すぐ出産という訳ではないので、5時過ぎまで待って病院へ向かうと、妻は既にLDR(Labor/Delivery/Recovery、つまり陣痛・分娩・回復を同じ場所で行える部屋。分娩時に病室から産室へ移動したりしなくていいので、母体への負担が軽い)に入っており、陣痛でかなり苦しそう。とりあえず以前両親学級で習ったように、「こんな時に夫に出来るのはただただ妻を励ましマッサージしてあげること」ということでマッサージ開始。

その後朝になって助産師さんや付属学校の学生さんもやってきて、マッサージやモニター等をてきぱき始めてくれる。特にマッサージはずっと休みなく行ってくれて、これは本当に助かった。それでも夜中からずっと続く陣痛で妻は焦燥気味、10時になってやっと本日の若い担当医(妊娠中の定期健診で受け持ってくれていた先生とは別)がやってきて診察するも、子宮口はまだ3センチ程度、大体10センチくらいになったら分娩という事なので、まだまだ先は長い。

痛みで既にかなり体力も消耗している妻は、「この次は12時頃に来ます」と言う担当医の言葉を頼りに時計とにらめっこするも、実際にやってきたのは13時15分、この時点で子宮口は6センチ程度。「このままだと夕方くらいですかねー」との事。既に12時間以上経過している事もあり、麻酔を使った和痛分娩について聞いてみるも、出来る限り自然体でと言う病院の方針もあって助産師さんたちは「みなさん頑張ってらっしゃるんですよ〜」等とのたまう。

15時過ぎ、横にいる僕に涙目で痛みを訴えてくる妻の様子に僕自身も限界。二人して再度、和痛をリクエストすると(助産師さんほど信念のない?)学生さんが連絡してくれたらしく、健診してくれていた女医さんが突然の登場。「麻酔をと仰っているんですが…」と言う声に、鶴の一声「いーんじゃないの?」…話が決まると早い、早い、あんなに反対(?)していた助産師さんたちも素早く麻酔モードに突入し、麻酔に向けて血液の凝固しにくさをチェックするための血液検査、そして麻酔科の先生による麻酔と進んでいく。

ちなみに血液検査中に若い担当医に再度診てもらったところ、子宮口は7センチ程度。「ここからは毎時1〜1.2センチくらいだから、(麻酔入れなくても)このまま頑張っていれば21時には産まれるんじゃないかな?」と言われて、逆に僕たちは心が折れ、何が何でも麻酔を入れてもらうと心を決める。さっきは「夕方には」って言ってたのに!

いったん僕はLDRを追い出されて、待合ロビーにいた妻の母・祖母と合流(余りにも陣痛が酷くてやつれているので、妻が外で待ってもらっていた)。陣痛の様子や、麻酔を入れてもらう事にした等と状況を説明する。実は朝から何も食べていなかったのだが、この時差し入れで頂いた豚の角煮弁当の何と美味しかったことか!

17時前にLDRに戻ると、無事に麻酔が効いて楽になってきたようで、妻も見違えるように落ち着いている。ただ、麻酔を入れると痛みは和らぐものの、陣痛自体も弱くなってしまうという事で、出産自体は遅れてしまう。18時半に再び女医さんが来てくれる。妻も元々毎週金曜日の健診だったが、沢山の患者さんで忙しい中顔を出してもらえて、随分と喜んでいた。その際に診てもらったら、子宮口は7センチじゃなくて6センチしか開いてなかったらしく、二人でまた若い担当医におかんむり。

陣痛が弱まっていることもあるし遅い時間になってきたので、翌朝今度は6時に陣痛促進剤を使って出産という流れになり、20時頃に病院を出て一度帰宅。女医先生も、一度帰宅するが、「万が一陣痛が来たら戻るから呼びだして」と仰ってくれる。何とも心強い。田舎の姉から、「明日産まれるのなら、明日会いに東京に行ってもいい?」というのんきな問い合わせが来たので、産まれるにせよ産まれないにせよ、そんな慌ててやってこなくても…と諫めておく。携帯の記録によると、妻にお休みを伝えたのが21時13分。朝早く(と言うか夜中から)の疲れで、まさかこの後大騒ぎになるとは思いもしないでそのまま深い眠りに落ちて行くのだった。
【関連する記事】
posted by としゆき at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック