2014年07月28日

タヒチをあとに

ボラボラ5日目の夜は、最終日ということで、ビーチでのロマンティック・ディナーと洒落込む。先日、ホテルにやってきたときに、ビーチにテーブルとチェアが用意されていたのだが、それがこのロマンティック・ディナー。

Borabora_RomanticDinner1.jpg

18時スタートと言うことで、最初はまだまだ明るいうちに始まるのだが、あっという間に日は暮れていく。

Borabora_RomanticDinner2.jpg Borabora_RomanticDinner3.jpg

随分とのんびり過ごしてきたけれど、それでもいろいろなアクティビティに参加したり、この日なんて急遽ヘリに乗ったりして、なんだかんだと楽しく過ごしているうちに、気が付いたらもう、最終夜を迎えてしまった。

こんな旅をする機会は、もうなかなかないだろうが、ボラボラ島に新婚旅行に来て本当に良かった。心身ともにリフレッシュして、新しい生活を始められる、そんな気にさせてくれる。

Borabora_RomanticDinner4.jpg

翌朝は出発までの間、コテージ周辺を散策する。カートが迎えに来るはずが、待てど暮らせど来ないので電話で催促すると、またあの日本人スタッフと、しばしの間、英語で話す羽目になるのだった。

Borabora_Departure1.jpg Borabora_Departure2.jpg Borabora_Departure3.jpg

この日はボラボラからパペーテに移動して、夕食、一泊と言う流れだったので、ボラボラ発を午前便にしていたのだが、飛行機の故障だとかでフライトが遅延。お詫びのドリンク券こそ配られたものの、何にもない空港で時間を持て余していると、僕たちよりも後の便の予定だった人たちが先に旅立っていく…。

延々待たされて、待ちくたびれたころにやっと出発。楽しい日々を過ごしたボラボラ島を後にパペーテへと向かう。

パペーテは、ボラボラに比べたらもちろん、思ったよりもそれなりに大きな街で、スーパーのカルフールがあるので、そこでお土産を物色して時間を潰す。夜はツアーで予約してあった、市内の人気レストラン、ル・ココスへ。ホテルから少し離れているのだが、車の送迎付きで助かる。

本当は、ルロットと言う小型トラックを改造した屋台が集まる一角へ行ってみたかったのだが、疲れてもいるし、足もないしで、今回は諦める。僕たちはパペーテに一泊するだけだが、ゴーギャン博物館等、見どころもそこそこあるようなので、ボラボラ島に新婚旅行を考えている人は、タヒチに泊まるのも手かも。

というか、ボラボラ島や周囲の離島だけに旅行客のお金が落ちてパペーテを素通りしないように、フライトのスケジュールが必ずパペーテに泊まらないといけないようにしてあるらしい。それでも、比較的都会のタヒチ島でも、ビーチや水上コテージはちゃんとあるので、タヒチ島だけで旅行を完結させることも可能かもしれない。

日曜日は朝早く、6時半のフライトで一路成田へ。一週間のボラボラ島新婚旅行が無事に終了したのだった。今回、久々にこの日記を書くために写真を見返したり、旅行中のメモを読み返していたら、また行きたくなってきたのだが…この次、南の島でリフレッシュできるのはいつになることやら。
posted by としゆき at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラボラ紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402765667
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック