2013年11月06日

オアフ島続き

オアフ島』の続き。

ミズーリ見学の後、僕の希望で、日立のテレビCMでおなじみの「日立の樹」(♪この木なんの木〜)に向かう。ちなみに、「日立の樹オンライン」なんていう専門ページもあるみたい。

日立の樹オンライン

モアルナ・ガーデンパークとうい場所に存在するのだが、またもやカーナビが分かりづらく、何度も同じ場所を行ったり来たり。この後予約したランチの時間にやきもきしながら、民家の私有地(私道?)に入り込んじゃうなど散々だったが、人に道を聞きながらなんとか到着。ピクニックに来ている人もいて、のんびりとした雰囲気の中にその樹は立っていた。ギリギリだったけれど、見られてよかった〜。

余談だが、先ほど軍施設に突入した妻の友人が新婚旅行でハワイを訪れたとき、やはりご主人がこの樹を見たがったのだが、面倒なので適当な物をさして「あれだよ」と言ったとか言わなかったとか。

この日のランチは、有名なアラモアナ・ショッピングセンター内、ニーマンマーカス最上階の「マリポサ」。海の見えるテラス席で、天井のファンが心地良い。午後はショッピングセンターで、お土産を物色したりしてお買い物。さらにディナーは、これまた妻の別の友人オススメだというシーフードレストラン、「チャートハウス」。この午後がもっとも、ハワイ「らしい」過ごし方だったかもしれない。

さて翌日曜日。ホテルの部屋からは、オアフ島名物ダイヤモンドヘッドを眺めることが出来たのだが、この日はそこに登ってみることにした。と言っても、本格的な登山の準備など不要で、麓の駐車場まで車で行って、片道 1時間くらいを歩くだけ。小さな子供やお年よりも多く、ちょっとした気分転換になる。とはいえ頂上からの眺めはなかなかのもの。ホテル前のビーチでちょっと遊んだり、買い物して過ごしたりしていたが、ハワイの真骨頂はその自然にあるのだろう。ハワイ島へも是非行ってみたくなる。

この日のブランチは、やはり予約をしておいたカハラホテルに向かい、名物のサンデーブランチ。カハラのビーチは、これまたのんびりした雰囲気で、今度来るときはここに泊まりたいなと思わせる。ランチ後、ビーチサイドのカフェでのんびり。ホテル敷地内のプールでは、調教師とともにイルカと戯れる親子がいた。小さい子供がいたら、こんなアクティビティはちょっと羨ましい。

Hawaii_Kahala.jpg

その後、カハラモール内のオーガニックスーパー、ホールフーズをひやかしたりして、カハラを後にする。夜はホテルでフラダンスのショーがあったのだが、レストランの予約の関係で残念ながら見られず(遠目にちらっと見えただけ)。と言うわけで、ホテルにあるレストラン、「ラ・メール」へ。食後に記念写真をお願いしたのだが、その相手というのが何と、僕たちの食事の感想を聞こうと待ち構えていたシェフだった。カメラを差し出すと、「え、俺が?」みたいな表情を見せていたのがおかしい。

最終日は、これまた有名店で、妻の友人オススメの「ハウツリーラナイ」へ。すごく待たされたのだが、名物の大きな木の下で食べたパンケーキとエッグベネディクトは、解放感あふれる雰囲気もあってなかなかのものだった。

と言うわけで、初ハワイは駆け足になってしまったのだが、思っていた以上に楽しめたというのが正直なところ。オアフ島でもまだまだ行けてないところも多いし、ハワイ島(マウナケアにはすばる望遠鏡もある!)にも行きたいし、ぜひまた行きたいと思った旅行だった。
【関連する記事】
posted by としゆき at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック