2012年09月18日

ダークナイトライジング

少し前の話になるが、映画『ダークナイト ライジング』を見てきた。『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』に続く3部作の最終編。僕個人はバットマンというと、どうしても子供のころやっていたいかにもアメリカという感じのアニメや、ジョージ・クルーニーの黒歴史とも言える『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』のイメージが強いのだが、この最近の3部作は重々しいストーリー・演出のシリアス調。『Mr.〜』以前の映画もダーク路線だったようだが、あんまり記憶に残っていないので、『〜ビギンズ』を見た時は、良い意味で期待を裏切られて面白かった。『ダークナイト』も、題名から「バットマン」が消えた事もあって、公開当初アメリカで大ヒットしているというニュースを見ても、始めはバットマン作品だと知らなかった。余談だが、この題名は"The Dark Night"だとずっと思いこんでいて、実際に映画を見るまで"The Dark Knight"(=バットマン自身の事)だという事に気付かなかった。

さて『ダークナイト ライジング』。原題は"The Dark Knight Rises"で、勝手に現在進行形にされた邦題にはいつものごとく不満なのだが、変な意訳をつけられるよりはいいか。映画は核ジャックされたゴッサムシティが舞台となり、刑務所から解放された暴徒が占拠する無政府状態の街は、まるで『マッドマックス』か『北斗の拳』かと言う雰囲気。前作で心身ともにダメージを受け、さらに今回の敵、ベインに一度は敗れ去るバットマンが、文字通り"Rise"してくるまでのストーリーは、165分の長丁場を感じさせない(実際、金曜日の仕事後に見に行ったのに、上映中一度も時計を確認する事もなく、最後まで興奮状態で見入ってしまった)。

キャットウーマン役で登場のアン・ハサウェイがかっこいい。マリオン・コティヤール演じるミランダとバットマンが良い雰囲気になって、ちょっと哀愁を漂わせるのだが、バットマンからの依頼を断り切れず、取って返すシーンの顔の表情がいい。ハッピーエンドを予感させるラストも素敵。

敵役との一対一の戦いだけを取れば、前作でのジョーカーとの戦いの方が「狂気」を感じさせて戦慄度合いは高い。単品の作品としても前作の方が好きかな。それでも三部作完結編として見どころはいっぱいだし、いかにも「面白い映画」という感じ(この作品を見に行った時、『アベンジャーズ』の予告編で「これが映画だ」って言うのが流れていたが、はてさて…)。

時間がなくて映画前に前2作品を復習出来なかったので、この作品のDVDでも出たら総復習をしてみたい。
posted by としゆき at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293144135

この記事へのトラックバック

38★ダークナイト ライジング
Excerpt: ’12年、アメリカ 原題:the Dark Knight Rises 監督: クリストファー・ノーラン 製作: エマ・トーマス、クリストファー・ノーラン、チャールズ・ローベン 製作総指揮: ベンジャミ..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2012-10-05 16:37

『ダークナイト ライジング』お薦め映画
Excerpt: ブルースの幸せを願う執事アルフレッドとの絡みは秀逸で味わいのある余韻を残す。このシリーズが、バットマンという正義のヒーローのアクションドラマではあるが、同時にブルースという孤独な青年のヒューマンドラマ..
Weblog: 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
Tracked: 2012-11-27 10:47