2011年03月27日

週末のBunkamura

11日の地震の後も被災地は厳しい状況であり、余震もまだ続いている。福島第1原発も予断を許さぬ状況であり、停電や物不足等、実生活上の問題に加えて、精神的にもストレスが絶えない。そんな中でも、マーケットは徐々に落ち着きを取り戻し、先週末の3連休は引きこもり状態だった僕も、この週末は久々に外に出てみた。

まず、渋谷Bunkamuraル・シネマで上映中の「英国王のスピーチ」(原題"The King's Speech")鑑賞。アカデミー作品・監督・脚本・主演男優賞を受賞したが、最初はこの映画の事を知らなくて、会社の人のおススメと言う事で見てみる気になったのだった。

現エリザベス女王2世の父であり、「王冠を賭けた恋」で知られるエドワード8世(シンプソン夫人と結婚するために退位)の弟であるジョージ6世。吃音で虚弱でもあり、内気であった王だが、第2次大戦開戦に際しての国民向けの演説を求められ、言語聴覚士であり友人ともなるライオネル・ローグのサポートでこの一大イベントに立ち向かっていく…。

コリン・ファース演じるジョージ6世、ジェフリー・ラッシュ演じるライオネル、そしてヘレナ・ボナム=カータ(彼女の演技がとってもいい!)演じる王妃エリザベス。3人の愛情と友情に溢れ亜この作品には、「悪役」は登場しない(憎まれ役としての大司教や、シンプソン夫人はいるが…)。派手なシーンはないが、いかにも英国風な雰囲気の中で進む物語は最後まで心温かく見ていられる。最後のスピーチを終えた後の、長女エリザベス(現女王)によるおませな「批評」にも注目。ライオネルも一点だけ「駄目出し」をして、ジョージ6世がウィットで返すが、映画パンフレットによると、このやり取りは実際に二人の間で交わされたものらしい。

「ソーシャル・ネットワーク」(『ソーシャル・ネットワーク』参照)とアカデミー賞を争ったが、両作品を見てみて、甲乙付けがたいものの、「英国王のスピーチ」が栄冠を勝ち取ったのは納得かな。

映画に続いて同じくBunkamura、ザ・ミュージアムでの「フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展」に足を運んだ。以前、『フランクフルト』で書いたように、昨年フランクフルト訪問時には改装工事中であったシュテーデル美術館から、フェルメールの「地理学者」が来日。

地理学者

フェルメール』で書いた「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」でもそうだが、寡作なフェルメールはどうしても、他の作品と「抱き合わせ」になるのは仕方がない。ましてシュテーデル美術館所蔵のフェルメールは「地理学者」一点だし。今回の展示でも、フェルメール1点+「オランダ・フランドル絵画」94点。それでも同時代の絵画を見比べてみるとなかなか味わいがあって良い。経済発展と共に、裕福となった市民階級のために貴族風な(たとえば乗馬姿だったり)の肖像画が好まれていただとか、飲酒喫煙等の生活の乱れが多く描かれているだとか、解説を読んでいても楽しい。

また、工房の形で絵画が「生産」されていたこともあり、作者名を見ていても「ヤン・ブリューゲル(父)の工房」、「ウィレム・ファン・ド・フェルディナンド(子)(工房共作)」等と言うものもある。他にも、「フェルディナンド・ファン・ケッセルに帰属」、「アドリアーン・ファン・スタルベント(?)」、」「トーマス・ド・ケイザーの様式」、「ヤン・ブリューゲル(子)の追随者」、「ヒリス・ファン・コーニンクスロー周辺の画家」なんてのもあって面白い。しかし「追随者」って…。

Bunkamuraは7月から12月まで改装休館だそうだが、12月23日からは「フェルメールからのラブレター展」が開催予定。「手紙を読む青衣の女」、「手紙を書く女」、「手紙を書く女と召使い」の3点が来日(「〜召使い」は上記「フェルメール展」でも見られた)。フェルメール全点制覇への道は続くのだった。
posted by としゆき at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192769553

この記事へのトラックバック