2015年10月08日

ケンウッド・ハウス

バッキンガム宮殿』の続き。

そしてそのまま地下鉄を乗り継いでロンドン北部ハムステッド・ヒースに位置するケンウッド・ハウスに向かう。映画「ノッティングヒルの恋人」にも登場する美しい白色の館だ。

London2015_KenwoodHouse1.JPG

ケンウッドハウスはいろいろ行き方があるが、良くお勧めされているのが地下鉄ノーザン線Archway駅からバスで15分の行き方。Archway駅はゾーン2とゾーン3の境界なので、ロンドン中心部からゾーン1・2限定のトラベルカードでもそのまま行けるのがポイント。もっとも、地下鉄の駅でカードを買う事気に気づいたのだが、週末はオフピークだからか、ゾーン6まで乗れて実は同じ値段(12ポンド)だったので、あんまり気にしなくても良かったのだが。自動券売機で買う時に、ゾーン1・2のボタンがホワイトアウトしていて最初驚いたのだが、同じ値段なんだからゾーン6までのを買いなさいという親切心だったらしい…もっともその説明がない(価格表示が最後にしかない)ので、戸惑ってしまうのだが。

また地下鉄駅内のATMでお金を下ろしたのだが、市内のATMではほとんど手数料無料をうたっていた。なぜか自宅にいくらかポンド札が残っていたので、今回の出張では(羽田を含めて)一度も両替せずにすんでしまった。余談だが、お金を下ろすとすぐにホームレスが近寄ってきて、「お前はお金を下ろしたが、俺にはお金がない」等と無心して来る。日本と比べるとATMの目隠しなどがなくむき出しだし、現金も丸見えなので治安上はやや問題があるような…。

ケンウッドハウスは入場無料。入ってどんどん進んでいくと、そこにお目当てのフェルメール「ギターを弾く女」が。

London2015_KenwoodHouse2.JPG

ちなみにこのケンウッドハウスのコレクションはアイヴィー伯爵のものだった。アイヴィー伯爵というのは、本名エドワード・セシル・ギネス。ギネスビール設立者の曾孫だという。

館の庭園(こちらも無料で入場可能)では、親子連れやカップル等がピクニックを楽しんでいる。今回は家族は東京でお留守番だが、いつかは一緒に来てのんびり過ごしたりしたいものだ。

London2015_KenwoodHouse3.JPG

こうしてバッキンガム宮殿の「音楽の稽古」、ケンウッドハウスの「ギターを弾く女」を鑑賞し、今回の目標は無事に果たせたわけだが、まあここまで来たらついでだから…と言う訳で、翌日にナショナルギャラリーにある「ヴァージナルの前に立つ女」、「ヴァージナルの前に座る女」も鑑賞。2枚とも既に見たことがあるが(『ロンドンの日曜日』参照)、ナショナルギャラリーは入場無料なので、文字通りこの2枚の絵「だけ」を見るために再訪。滞在時間10分程度。

London2015_NationalGallery1.JPG

London2015_NationalGallery2.JPG

ロンドンにあるフェルメールは以上4枚で、イギリス国内にはあとスコットランド国立美術館(エディンバラ)に「マリアとマルタの家のキリスト」が存在するが、こちらは以前、東京都美術館で鑑賞済み(『フェルメール参照』)。真贋論争のあるものも含めて、全部で37点が現存するとされるフェルメールの作品のうち、これで18点を鑑賞。

今年はこの後、「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」展で「水差しを持つ女」が初来日予定。東京では六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで年明けに公開予定なので、今から楽しみ。こちらの作品はニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵だが、やっぱりフェルメール作品をコンプリートするには、大量に抱えるアメリカに乗りこまないとだなぁ。
posted by としゆき at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドン出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

バッキンガム宮殿

9月、久々にロンドン出張に行って来た。今年はゴールデンウィーク前に、一泊四日の弾丸シンガポール出張(水曜深夜羽田発、金曜深夜チャンギ発)があったのだが、今回はさすがに前泊出来る「普通の」日程。それでも出発前に体調を少し崩してたり、3日間立て続けにミーティング漬けだったり、出張中にFOMC(=Federal Open Market Committee、連邦公開市場委員会)ミーティングがあって、ロンドン時間午後7時(ニューヨーク時間午後2時)に利上げがあるかないかで盛り上がったりと、それなりに忙しく疲れる出張ではあった。

そんな出張も無事に終え、週末には気分転換も兼ねて、バッキンガム宮殿とケンウッドハウスへと足を向けることにする。バッキンガム宮殿はもちろんエリザベス女王のお住まいなのだが、夏季限定で一部が一般公開されており、内部を見学出来る。ヨーロッパの他の宮殿やお城も見学できたりするが、なにぶんこちらは現役バリバリ、エリザベス女王がスコットランドで避暑する間のみの限定公開なので、ロンドンを訪れる時期によっては中を見ることは出来ない。

実は以前も一度訪れているのだが、今回のお目当てはこちらに所蔵されているフェルメールの「音楽の稽古」。フェルメール作品の中でも鑑賞難易度上位の作品だろう。


音楽の稽古


バッキンガム宮殿は例の衛兵交代があったりして観光客でごった返すし、この時期はラグビーワールドカップの時期でもあり、世界中から観光客が押し寄せていた。予め日本で見学チケットを予約しておいたのだが、バッキンガム宮殿、クイーンズ・ギャラリー、そしてロイヤル・ミューズ(厩舎)を含む"Royal Day Out"というチケット。クイーンズ・ギャラリーは小さなスペースで、入場時間が決められているのだが、衛兵交代(11時頃)と重なる10時半からの枠しかあいておらず、それに合わせてホテルを後にする。

バッキンガム宮殿の最寄り駅ではなく、宮殿正門へとつながるThe Mallを歩くべく地下鉄チャリング・クロス駅へ。この週はお天気も悪く、薄着の用意しか持って来なかった僕は、ロンドン到着時にコートを来ている人を見て愕然としたのだが、この週末はBBCの天気予報でも"lovely"と言う通り、実に好天気。騎馬警官とバッキンガム宮殿の絵もなかなか。

London2015_Buckingham1.JPG

フェルメールの「音楽の稽古」は、ここにあるのは間違いないのだが、なにぶん前回来た時に見逃しているくらいなので、どこに飾ってあるのか調べていたのだが今一つ確信は持てず。さらに"Masters of the Everyday: Dutch Artists in the Age of Vermeer"と題して、今年の11月から来年の2月まで「音楽の稽古」を含む特別展がクイーンズ・ギャラリーであるので、宮殿内部なのか、ギャラリーなのか、はたまた現在はどこかに貸し出されていたりするのか。

クイーンズ・ギャラリーに少し早く10時過ぎに到着すると、スタッフからまだ早いからお土産屋さんで時間でも潰してね、と言われる。ちょうどそこに件の特別展のポスター(当然「音楽の稽古」がモチーフ)が貼ってあるので、「この絵は今どこにあるの?」と聞くと、特別展に向けて梱包作業中(?)だと言うではないか!見学前からいきなり心折れて、しばし呆然。冬にまたロンドンにやってくるか、はたまた来夏にまた出張を入れるか…。

そんなわけでクイーンズ・ギャラリーも足早に去り、ロイヤル・ミューズで一通り王室の馬車を眺めて、いよいよバッキンガム宮殿へと向かう事にする。

London2015_Buckingham2.jpg

バッキンガム宮殿(に限らずだが)では多言語の音声ガイドで案内を聞ける。やはりこの手のガジェットは時代とともに進歩しており、タッチパネルは当たり前、言語別に用意しなくても、ボタン一つで選べたり、必要なら追加情報を細かく調べたりできる。将来的にはアプリを用意して、必要な人がダウンロード出来るようにすれば、機械を用意しなくても良くなるかもしれない。

ともあれ、おもむろに解説を聞きながら内部を見学していくと、ピクチャー・ギャラリーで、部屋に入ってすぐ飾られており、音声ガイドでもイの一番に登場するのが何と「音楽の稽古」ではないか!梱包作業ってなんだったんだ。思わず興奮して、そこに立っているスタッフに「クイーンズ・ギャラリーの人には展示されてないって言われたんだけれど、僕はまさにこの絵を見に来たんだ!」等とまくし立てて、「ごめんなさい、その絵のことはあんまりよく知らないの」等と言われたりする。

本当に部屋に入ってすぐのところにあるので、あまり立ち止まらずに通り過ぎていく人も多いが、そういう人に(そして前回思いっきり見過ごした僕自身に)「フェルメールはここにありますよ」と教えてあげたい気分だ。

気分を良くして残りも見学。宮殿を出たところにあるガーデン・カフェでお茶にする。本当にいい天気で、庭の綺麗な芝生と青空に、宮殿の美しい姿が良く生える。頼んだケーキのチョコレートには王冠マークも。

London2015_Buckingham3.jpg

London2015_Buckingham4.jpg
posted by としゆき at 21:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ロンドン出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする